金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年01月27日

政府は必ず嘘をつく

休憩室ブログでも書いたが、金についても書かれているので、こちらでも書き残すことにする。

アメリカというイメージはジェントルマンだが、その実ヤクザというリバイアサンのような国家に世界は従わざるを得ない。 

アメリカはドルに対する挑戦に対しては、絶対に許してこなかった。 今後もそうであろう。

リビアのカダフィについては、リビア国民のほとんどはカダフィを支持していた。 それにも拘わらず、アメリカによって無残に抹殺されてしまった。

リビアは144トンもの金を保有していて、その金を原資にアフリカとアラブの統一通貨「ディナ」の発行を計画していたので、カダフィは無残にも殺された。



にその顛末が書かれている。 金だけではない。 我々日本人だけでなく、世界の人々が如何に自国の政府によって嘘をつかれ、コントロールされているか。 この本必読の本であると思う。 原発、TPPに関しても非常に詳しく実例を挙げて、我々が如何に騙されているのかが証拠付きで示されている。

「私の国であれだけ政府に都合がいい報道をさせようとしたら、ジャーナリストを拷問することになるでしょう。 いったい日本政府はどんな方法を使っているのですか?」

どこの国のジャーナリストの言葉だろう? アンナ・ポリトコフスカヤを始めとして、政府批判や真実を知らせようとしているジャーナリストが根こそぎ暗殺されるようなロシアのジプシー・トープというジャーナリストの言葉である。

金だってそうだ。 日本国家を信じてこのままペーパーマネーをため込んでいたらある日・・・というマ坂に立ちすくむかもしれない。


posted by kanji at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。