金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年01月13日

日本の金鉱株“住友金属鉱山” 2

私には狂気の沙汰としか思えなかった、“金ヘッジ”(現時点でも損害を出している)であるが、上手いなな〜と思うのは、新鉱床の発表を忘れたころに行う事(わざと小出しにしているようにも感じられる)。

深謀遠慮の経営戦略なのか、早く掘りつくしちゃうともったいないので単に細く長くということなのか分かりませんが、金ヘッジを見ていると、どう考えても前者ではありません。

金急上昇を、金鉱株“住友金属鉱山”経営陣が自ら疑っていた証拠でしょう。 

やはり本質は銅会社であるのかもしれない。

ちなみに、銅は鉱脈が金と似ていることから昔から良く間違えられていた。 「愚か者の金」である。

住友金属鉱山の経営陣の方々には、きつい批評かもしれないが、なにせハンドルネームを「Kanji」としているくらい、石原莞爾を尊敬している私ですから、その毒舌もご容赦あれ。

評価しているところは、十分に評価しているつもりです。

旧ブログにも書きましたが、「正真正銘金鉱株“住友金属鉱山”」をもう一度読み返してください。

菱刈の真の金埋蔵量を住友金属鉱山は公表していないと思う。 今後も埋蔵量は拡がっていくことを断言します。

もし、金暴騰!という場面で、明らかにされたら…1981年の是川銀蔵、アゲインとなるくらいの投資家が出てくるかもしれない。

2014年よ、早く過ぎされ。 金ヘッジさえなければねえ…。

東証一部  5713(株価チャート)
社名   住友金属鉱山株式会社
本社所在地 〒105−8716 東京都港区新橋5丁目11番3号(新橋住友ビル)
創業   1590年(天正18年)
設立   1950年(昭和25年)
資本金   932億円
従業員数  連結  8,658名 / 単独 2,164名
売上高   連結 8,479億円 / 単独 7,234億円(2011年度)
経常利益  連結 1,088億円 / 単独 768億円(2011年度)
事業内容  資源開発、非鉄金属製錬業、電子材料・機能性材料の製造、その他


posted by kanji at 13:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。