金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年01月11日

日本の金鉱株“住友金属鉱山”

日本の金鉱株を改めてまとめていきたいと思います。

鉱石1トン中に含まれる平均金量が約40グラムという高品位(世界の主要金鉱山の平均品位は約3〜5グラム)金鉱山、世界最高品質の菱刈鉱山を所有するスミトモヤマです。

20130104菱刈写真
世界最高品質の菱刈鉱山

現在年間に7.5トンの金を産出していますが、住友金属鉱山は菱刈鉱山の採掘を“細く長く”という採掘方針の元、金を生産しています。 この方針はKanji的には株主価値を今後最大限に高めることができる良い戦略だと思うのですが、世界の金鉱山会社ではもはや邪道というか狂道とでも云おうか、金ヘッジをしている金鉱山会社です(但し、ヘッジは、今ではアラスカのポゴ金鉱山のみ。 2012年6月までは菱刈産出の金もヘッジしていた!)。

住友金属鉱山の金ヘッジについては、管理人の旧ブログ及び本ブログの過去ログを読んでください。 詳しく書いております。

金ヘッジが終了する2014年が早く終わって欲しいと住友金属鉱山の経営陣は考えていることでしょう。 住友金属鉱山の経営陣はアメリカの金抑え込みに政策に感謝すべきでしょう。

しかし、住友金属鉱山は純粋な金鉱株ではありません。 正確には金山も所有する銅会社と言った方が良いでしょう。

住友金属鉱山の紹介は何回かに分けて行いたいと思います。

東証一部  5713(株価チャート)
社名   住友金属鉱山株式会社
本社所在地 〒105−8716 東京都港区新橋5丁目11番3号(新橋住友ビル)
創業   1590年(天正18年)
設立   1950年(昭和25年)
資本金   932億円
従業員数  連結  8,658名 / 単独 2,164名
売上高   連結 8,479億円 / 単独 7,234億円(2011年度)
経常利益  連結 1,088億円 / 単独 768億円(2011年度)
事業内容  資源開発、非鉄金属製錬業、電子材料・機能性材料の製造、その他


posted by kanji at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。