金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年01月31日

金銀底打ちか?

金銀は忘れたころに上昇に入る。 

つい最近書いた1月23日付記事、「金銀の近未来予測」の中でこう言った。

>長年、金銀の値動きを見ていて気が付いたことがある。
>十分に調整期間が経ってから、テクニカル診断で弱気となったチャート波系を描いた後、スルスルと上昇していくという動きだ。


20130131silverchart.gif
24hours silver chart

本来であれば、金銀ともチャートは崩れた。

しかし、Kanjiが考えたように「チャートが崩れたな・・・そろそろか・・・」という考えが当たっているかもしれない。

金銀の市場は、「見えざる手」に支配されている。 その手はどす黒く汚れているか、血だらけであろう。

今度こそ、狼少年(中年だ)が来たと思いたい。


posted by kanji at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

香港は燃えているか?燃えている。

金銀現物に対して絶対的な信頼感を置いているKanjiですが、歴史的に「商」の民族、中国人もまた蓄財に関してはその遺伝子に組み込まれたDNAの通りに行動している。

1月に出張で香港に行って来た。

そこで目にしたのは貴金属店に群がる中国人達である。

20130111香港周大福

20130111香港周大福2
香港周大福で貴金属に群がる中国人達

元の時代以降、紙幣が登場してから国家の消滅と共に紙幣も消滅させられてきた歴史を長年持つ中国人達である。

中共帝国の消滅も薄々感づいているのかもしれない。

―中国本土よりも香港は金が安く買える。 

ほとんどの日本人には知られていない事実である。 香港の貴金属店ではファッションセンスのない、下品な、しかし金持の中国人達で溢れかえっている。

混乱の中でファッションセンスとか下品だとかはナンセンスであろう。

金銀がずい分と下がっている中、中国人達は金銀、特に金にご執心である。
posted by kanji at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

七面鳥打ち?

金BLOGを書いていると時々、変なメールを受ける。  一言もなく、挨拶もなくこのようなメールを送りつけてくる。 

まあ、こんなのに引っかかる人はいないでしょうが、これなら現物を素直に買って高値で売却し、増えた現金を自分で保管してまた十分に下がったところで買い直して高値で現金化して・・・ということを繰り返せば余程安全でコストもかからない。

参考までにここに掲載しておきます。

金の先物取引で1億円以上儲けた鍵和田芳光社長
1999年の金相場が世界で最も安いときに、藤沢市のNAVICOというネットシステムの会社の鍵和田芳光社長は全財産に近いくらいの投資額で金塊や先物取引の金を買われた。

なぜなら、鍵和田芳光社長はこのように言われたのです。
「金価格は必ず1000ドルに上がるから今が買いのチャンス」と、みんなに言われ、その通りに金価格は1000ドルになりました!その話を聞いて私はすごく驚きました。
鍵和田芳光社長は金魂も買われたが、先物取引のほうが投資額も安く、手数料も安いからという理由で先物取引に多くの資金を投入されていました。
限月がきたら乗り換えされ、どんどんと収益資産が増えたそうです。


1999年といえば、金の価格が260ドルほど。日本円で1g・約1000円。それが4倍の1000ドルになるとは誰も考えもしなかったことです。人づてのお話しによると、当時、鍵和田社長の知り合いの政治結社の幹部の方にも「金を買った方がいい!必ず上がるから」と、鍵和田社長はすすめられ、政治結社の幹部の人もかなり儲けられたそうです。


「さらに鍵和田芳光社長は1000ドルに上がったら700ドルで買い戻しです!間違いなく上がるから全財産使っていいから金を買いなさい」、と鍵和田芳光社長は、みんなにすすめられ、その年の2008年の春に経済新聞やネットにそのお話しを公開。そのとき多くの皆さんが大儲けされ喜ばれたそうです。

1億円以上も金の先物取引で儲けた内容です。

http://www.shohintokuho.com/tokushu_2008-04-18_1.html

鍵和田芳光社長は株式投資でも毎年すごい高額の収益を出されています。
最近はシャープの株で数百万円もの収益が出たそうです。
鍵和田芳光社長から投資の情報を得られた方々は感謝の思いでいっぱいだそうです。

ネットから引用。
鍵和田芳光社長のご相談先。

yoshiyoshiyattaze@docomo.ne.jp
09024879579
User1046104972@aol.com

posted by kanji at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。