金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2012年11月30日

今回の金銀の調整は深くない

金銀が調整しました。

テクニカルで買いシグナルが点灯した瞬間、蠅たたきのように上からバシンとやるのは何時も通りです。

これを書いているのは、30日の午前1時20分。 銀の調整なんかほとんどなかった。

銀も金に連れ安になったのにも拘わらず、銀鉱株は逆に上昇したのを見て確信した。

金は1,676$を下回ることはないとの予測に変わりはない。 恐らく朝には値を戻しているだろう。

もはや上に上がろうとするのを抑えようとしても、今回の様にせいぜい一晩で50$下落させるのが精一杯だ。


posted by kanji at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

Are you ready ?

読者の皆さん、特に経営者の方、準備はいいですか?

20121128上海指数チャート


作戦参謀部長の予測通り(過去記事を読んで!)、目出度く上海指数が2,000ポイントを明確に割って引けてしまった! 本当に今年後半の見通しが怖いくらいに当たりまくっている。

万歳!

ってふざけている場合ではありませんが、恐慌開始のシグナルの一つ、上海指数2,000ポイント割れはNYももはや時間の問題であることを示唆している。 

上海指数が1,800割れを待ち望みます。 まだかまだかで正直疲れました。 嫌な事や苦しい事はさっさとやってきて欲しいものです。 でないと新しい時代への展望がなかなか開けない。

終わりの始まりは、再生へ続く道です。
posted by kanji at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱山株以外の株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

金のバブル

私のブログを読みに来る読者さんはそのほとんどが、金に投資しているか少なくとも金に興味のある読者さんであることははっきりしている。

「あなたは金がなぜ上昇すると思っているんですか?」

ここでもう一度立ち止まって、原点というかそもそもどうして金なんだ?ということを考えてみましょう。

これまで散々その理由を書いてきました。 しつこいくらいに。 過去記事を読んでください。

極端な話、"紙幣"は半年分の使用量で後は金銀現物にしたいくらいであるが、今の私にはもいそれどころではない。

金の上昇については、そろそろお終いだと考える投資家も多い。 

「金はもう上がりすぎた」

あなたもあなたの周りでこういう話を聞いたことはないだろうか? 私は金銀を強調すると必ず上のセリフを言う人間が周りには居た。

恐慌と金銀はワンセット。 私には斬っても切り離せない関係です。

日本の経済評論家による所謂"金本"ははっきり言って、もうとっくに周知のことや素人投資家の金に関する認識と対して差がない、底の薄いものが多い。

高橋靖夫氏・鬼塚英昭氏によるものは非常に結果的に予測を外したものも多いが、無駄になるようなモノではない。

Kanjiも金については紙幣の大増刷の中でどこまで上昇するのか、頂点の価格は正直見当つかないが当面の目標として3,500$は視野に入っている。 

何度も言うように、金投資のこれまでの損失がトントンになったら私は不動産に戻りますので、途中下車する予定です。

皆さんは銀河鉄道に乗って、宇宙の果てまで行けるかもしれません。  或いは「カンパネルラ」に。

書店散策で金に関する本は見逃せません。 金が途方もないバブルになるだろうという見解を打ち出している『忍び寄る最悪危機 いますぐ アメリカ発の金融大崩壊に備えよ』を読みました。

これを読むと金バブルに乗らんといけないと云う気になりますが、金価格の上昇を見事に当てたにも拘わらず、大損してしまった投資家もおりますので、何事も慎重に。

元本を棄損する恐れのある投資を極限まで避けることを私からのアドバイスとさせていただきます。

金価格の上限に関するイメージ。 あなたは持っていますか?
posted by kanji at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。