金銀投資作戦参謀本部T・U

2012年10月28日

アメリカより中国が先か?

先週末、上海総合指数が13週移動平均線を保てないで下落に転じてしまった。 2,000までは時間をかけずに間違いなく達するでしょう。 

20121027上海指数

2,000を割れば、1,800程度までは時間の問題。 もし、それすら割っていけば中国の時代は来なかったということを証明してしまう。 時代遅れの蘇った帝国主義国家、中華帝国はアメリカ帝国に対抗することができるところまで届かなかったということだ。

下の鉄道貨物輸送量を見ても、リーマンショック時以来の下落を示している。 鉄道貨物輸送量はリーマンショック時以外には前年比マイナスにはなっていない。

20121027中国貨物輸送グラフ

中国は成長の限界を迎えてしまった。 成年に達することなく、これから老年に向かうことになる。 マッカーサーが見たら中国人は何歳に見えるだろう?

中国人を見ても、日本人よりも年上に見えるだろうか?

上海が恐慌の口火を切るのだろうか? ギリシャ・スペイン・イタリアだけでなく世界中でいつ火が吹いてもおかしくない状況になっている。 

そして金銀の時代がやって来る。 大恐慌の時代が。
posted by kanji at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 鉱山株以外の株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...