金銀投資作戦参謀本部T・U

2012年10月25日

金価格を予測する

一番可能性が高いと思われていたシナリオ、1700$割れが具現化した。

1650~1700$の間で底を打つという予測だった(1700$をちょっと割れると言うことは1650$を上回る位置で底を打つ)。

今の処、Kanjiの予測は当たっている。 もし筆者がジパングで大損をこかなかったら、テクニカルも外国金銀鉱山株もここまでは勉強してこなかったであろう。

今後、会社経営者にとっては非常に困難な状況に直面することになる。 従業員も大変な事は当然だが、従業員は独身者であれば、自分一人の将来を心配すれば好いだけであるが、会社経営者は其々の従業員とその家族の生活の心配をしなければいけなくなる。 いわば心配の集合体を心配しなければいけなくなる。 変な日本語である。

日本では業績悪化で首は切れない。 会社が倒産寸前にならなければ首が切れない。 倒産寸前の会社が続出するのである。

金が上昇していく世界とはそういう世界なのでしょう。
posted by kanji at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...