金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2012年09月28日

田中貴金属工業

買った店が不明、又は海外で金現物を購入したと言う時には、売るのは田中貴金属が現時点では良いのでは?

田中貴金属で売る際には、金貨でも延べ板でも1枚だけでもパッケージから出してしっかりと質量計算をして本物かどうか確認します。

買う時には売る時のことまでちゃんと考えて行動しないと、後で後悔します。

田中貴金属オリジナルHP
※写真は全て、「GINZA TANAKA本店」 
住所:東京都中央区銀座 1-7-7
電話番号:0120-76-4143

田中貴金属0052

田中貴金属0053

田中貴金属0054

田中貴金属0055


田中貴金属0056

田中貴金属0057

Kanjiが売る時の事までアドバイスするのは余計なお節介かもしれませんが、いろんな読者さんがいると思いますので、念のため写真を掲載しました。

騙されて安く買いたたかれるとかは、三大業者ではありませんのでその点は安心して売却できます。

但し、日本の業者はスプレッドを高く取り過ぎです。 要するに手数料が高いということです。 申し合わせたように同じ価格ですから、カルテルを行っているんじゃないか?と普通考えますよ。

Kanjiは何のしがらみもありませんから、このように正直に書きます。


posted by kanji at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 金銀現物売買業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

金現物の売買業者について

以前に、旧・ブログで書いたことがあると記憶しています。

金貨は田中貴金属・徳力・石福の所謂三大業者の中でも石福が「ラミネート加工されているからお薦めです」という内容だったと思うのですが、久しぶりに三大業者を実際に比べてみたら、購入する際の金価格は全て同じですが、売却する時の価格は徳力が一番高い!(買う時も徳力の場合)

ずいぶん昔にKanjiも徳力で買ったことがありましたが、その時は全業者申し合わせたように同じ買い取り価格でした。

今は、徳力で購入して徳力で売却するのが一番良いという結論になっています。

大昔に買った金や海外で購入した場合等の購入先が不明若しくは証明できない場合は、田中貴金属が一番高く買い取ってくれると思います。

あまり詳しく書き過ぎるといろいろと問題がありそうなのでここまでにしておきますが、本当かどうかご自身で確かめてみてください。
posted by kanji at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物売買業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

銀鉱山株も上方へブレイク!

金銀投資家は金銀そのものだけでなく、鉱山株の価格とチャートの両方をチェックしなければなりません。

Great Panther Silver Ltd (GPR.TO)の2年チャートですが、テクニカル判断でも漸く2年の長い低迷を抜け出しました。
20120920GPR2年チャート
Great Panther Silver Ltd (GPR.TO)の2年チャート

一方、KanjiイチオシのSilver Wheaton Corp. (SLW.TO)は分かりにくいチャート波形を描いています。

20120920SLWチャート
Silver Wheaton Corp. (SLW.TO)の2年チャート

投資で重要な事は元本を失わない事。

Silver Wheaton Corp. (SLW.TO)の方が底が浅く、堅い投資方針の金銀鉱山株投資家向きでしょう。

Silver Wheaton Corp. (SLW.TO)は配当政策が奏功して銀価格に引きずられた下落局面でも底は深くありませんでした。 

有料化となればもっと深く他の銀鉱株についても触れていきます。 そして本音も。 Kanjiも長い期間勉強してきました。 
posted by kanji at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀鉱山株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。