金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2012年03月08日

金4,000$の実現性

最近、金4,000$という数字をいろんなところで読んだり聞いたりするようになりました。

既に2,000$という数字は射程内でもう当たり前になっているのでしょう。

私のブログの読者もそうでしょう?

私は金銀に関する書籍は片っ端から読んでいますが、4,000$という数字を目にすることが多くなってきたという感想を持っています。 最初に金4,000$を大々的に示したのは、高橋靖夫さんの『円高+株高そして金急騰!―近未来経済予測2004年後半』だったと思います。 発売は2004年当時確か金400$程度だったと思います。 8年後の今でも2,000$にも届いていませんが、もう夢物語ではなくなりました。

一方、投資の神様、ウォーレン・バフェットは、この記事の中で



「金ね…。金は保有するだけでは何も生み出しません。モノやサービスを生み出す企業や資産に投資していく方がよっぽどいい。」「現在の金の相場は、価格の上昇が人々を興奮させ、次の買い手を呼び込んでいるにすぎません。(略)…この状態は決して長続きするわけでなく、長期的にみて資産形成につながるとは思いません。」

と言っています。 「投資の神様」の向こうを張っている私を含め皆さん大丈夫ですか?

コガネムシの皆さん、ジム・ロジャースも『ジム・ロジャーズが語る商品の時代 (日経ビジネス人文庫)』等で金投資家を「陰気な顔をしたコガネムシ」と蔑視したような発言をしています。

皆さんのお顔は大丈夫?


2012年03月06日

Silver Wheaton's fourth quarterly cash

fourth quarterly cashとは四半期現金配当のことです。

Silver Wheatonは昨年2011年3月期から配当を出す方針になっています。

2011年の12月期には0.09USDと配当を3倍に引き上げている。

Zenjiさんと違ってGold,Silverの小型銘柄を含めリサーチする時間も能力もありません。 当ブログで度々懺悔していますが、ジパング・Apollo Gold・Rubicon・天然ガスETF等々でこれまで散々な目に遭っています。

経験上からも小型金銀株には「運」も「能」もない。 

RandGoldやSiverWheatonくらいか…(他に小さいですが、Newmont,Lihil,etc..)

悔しいですが我を知らなければなりません。

私は結構理屈っぽい方だと思いますが、この「運」というものに対しては素直に従います。 それもまた運命と。 歴史上の偉人伝を読んでいるとどう考えても「運」それも僥倖のような「運命」に左右された英雄達が信じられないくらい多くいます。 

ローマ恐慌から"悪魔の書"と呼ばれた『君主論 』で高名なマキャベリ先生でさえ「運」を重視している。 あれだけ権謀術数の権化のような彼でさえも。

マキャベリはご存知ですね?
posted by kanji at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀鉱山株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

由らしむべし知らしむべからず。

第1 真の情報だげを独占的に握ること。それこそが富の源泉で,情報のない者は収奪される。
第2 情報はカネを手にした後も、徹底的に秘密にすること。
第3「情報のない者(暗愚な大衆)を欺くことこそが価値のすべて(善)である」という強固な信念をもつこと。

「赤い楯」が吸い上げた戦争の利益」より抜粋

上記のHPに紹介されていますが、ユースタスマリンズの『世界権力構造の秘密[新版]上巻 富と権力の強奪史』や宋 鴻兵の『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ 影の支配者たちがアジアを狙う』何度も紹介した鬼塚英昭の『金は暴落する!2011年の衝撃 ロスチャイルド黄金支配のシナリオを読み解く』等々…(他にもいっぱい)を読めば如何にロスチャイルドと経済・通貨・金が結びついているか良くわかります。

所詮は御釈迦様の手のひらで踊らされる、いや踊るしかないのかもしれませんが、それでも前に進むしかありません。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。