金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2012年02月06日

恐慌の本質

ヨーロッパも壊され、アメリカも壊され、中国も断崖絶壁に立たされています。 日本はとっくの昔(20年前に)に壊されました。 今なんとか立ち上がろうとしているときに、再度ハンマーで叩き潰されようとしています。

あのオレンジ計画を練り上げ日本を最初に叩きつぶしたアメリカがITバブルや住宅バブルの危険性に気がつかなかったなんて馬鹿な話は信じられません。 そんな愚かな人工国家(インディアンを虐殺してその上に造り、それをマニフェストデスティニーと呼べる)ではないでしょう。

旧ブログの時から散々言ってきましたが、世界の支配者(皇帝)はロックフェラーではありません。 ロックフェラーはあくまでロスチャイルドの隠れ蓑でロスチャイルドの名前を出す代わりにロックフェラーを出しているだけです。 ロックフェラーは影武者・弾避けでしょう。

ロスチャイルドについては『ロスチャイルドの密謀』等これまでも色々と本を紹介してきましたが、余裕のある人はこの本も読んでください。 私はなんで恐慌が不可避なのか?なぜ人々がお金に苦しむのか? 真理が知りたくてこれまで勉強を続けてきました。 お薦めできる本です。 

ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表

私も未だ災い転じて福を成す妙案が思いつきません。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。