金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2012年02月29日

どうにも頭の片隅から離れない事

金銀が長期で見れば今後も上昇を継続していくことに不安は全くありませんが、私はもはや3~4年程度の長期スパンでは考えられません。 せいぜい1~2年が精一杯。 時間は十分にないのです。

読者の皆さん、覚えていますか? 旧ブログで鬼塚英昭氏の『金は暴落する!2011年の衝撃 ロスチャイルド黄金支配のシナリオを読み解く』をご紹介したことがあったと思います。

鬼塚さんも私も世界皇帝(暴君ですが)がロスチャイルドという考えに変わりはありません。

先日、NHKの特集で最初の"通貨"は"麦"だったそして最後は"銀"になった(通貨です)と言っていました。 昔から金銀財宝と呼ばれるように、「財宝」は紙切れでなく「金銀」なのです。 金は銀と違って退蔵します。 今世界中の投資家から一般人まで、"ラストリゾート"(蜃気楼かもしれませんよ)の金の高値を追いかけていますが、この本で鬼塚氏が言っていたように、一度スイス山中の奥深くに退蔵された莫大な"金"を一度市場に放出するというシナリオ(第2次リーマンショック発生時のようなにかこつけて)はないのか?

なにせ、ロスチャイルドには"前科"があります。

ワーテルローの戦い」の際にとった行動です。 ご存知ですね?


2012年02月27日

今、金銀は売りかそれとも買いか?

金銀が急上昇しています。 

ここで金銀ウォッチャーの読者の皆さんも予想に参加してもらいましょう。

以前にご紹介した自称、ことごとく予想を当ててきたという朝倉慶氏は、今年金が4000$と本の中で予想しています。 

ジム・ロジャースは彼の発言を紹介しているブログの中で、つい最近(2012年1月22日)「金価格は1000ドルまで調整しても不思議ではない 」なんて言っておきながら、もう次の月には「Gold to rise much higher in this decade, do not sell it.  : Jim Rogers」なんて言ってます。

>Gold to rise much higher in this decade, do not sell it: Jim Rogers 2012年2月22日(The Economic Times):
金は、次の10年で、より値上がりします。売るべきではありません。
※ジム・ロジャーズ情報ブログより抜粋



これではどちらの予測も大当たりします(笑)

ちなみに朝倉慶氏もジム・ロジャーズもそしてゴミ投資家の私も天然ガス上昇を予測し且外した(私は実際に大損しましたが)ことは皆さんご承知の通り。

実績抜群の人であっても、時には大外ししているのが長年ウォッチしてきた私の感想です(間違いありません)。

一応、自称日本で唯一の金鉱株会社の社長さんの本なんかも読んでいますが、彼は金そのもの以外の予測は自分の会社の業績を含めてさっぱり当たっていません(笑)。

副島隆彦氏を含め胡散臭いのからエリック・スプロットのような実績抜群の投資家の発言まで私なりにチェックしていますが、今は判断が非常に難しい情勢にあると考えています。

純銀ETFにシフトしている現在、やっとこ買値に戻ってきました。

短期的にはもしかしたら大調整するかも?とまで考慮に入れつつ未だホールド継続です。
 
posted by kanji at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ジム・ロジャーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

資産課税できる?

今人気の橋下徹さん、彼の「船中八策」に資産課税の導入とありますが本当に実現したら資産家の皆さん、戦々恐々ですね。 現在の私は俗に言う「ゴミ投資家」ですから課税される資産なんかありゃしません。

仕事柄、資産家であるビルオーナーや創業社長さんなんかとも幅広くお付き合いをさせていただいてますが、他人ごとではありませんね。 武富士の話(「香港 武富士」とかでググってください)ではありませんが、相当数の富裕層が資産を逃すことになるでしょうね。

日本の近くで安いところと言えば、香港は法人税16.5%、マカオでは12%です。

先日、日経ビジネスに日本の国内資産をマカオ法人に合法的に徐々に移している投資家の話が出ていました。

あまり金持ちを苛めすぎると昔と違って今は、クリック一つで大金が動かせるようになっていますから、資産課税なんかどれだけ実効性があるでしょう?

非常に保守的な資産家からしかがっぽりとれないんじゃないでしょうか?

余計なおせっかいですが少しばかり心配です。

しっかり利益を出している会社が逃げ出すことのないような日本にしなければいけません。 

金持ちの中には守銭奴のような人もいますが、払いがいのある日本にしっかりと払いたいんだという金持ちも多いはずです。

北風ばかり強くしてはいけません。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。