金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年10月22日

激烈なオーナー間サバイバル競争

“風林火山”

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」

言わずと知れた信玄公の旗指物の有名な語句です。 仕事の関係で飲んでいたときに、「Kanjiさん、山梨出身の女はもらわなん方がいいよ〜」と溢している人がいました(自虐半分冗談半分)。 曰く、「人は石垣、人は城〜」で信玄公の伝統が息づいてるからね〜と。 今ではすっかり「風林火山」の前二つが無くなってしまって、「侵略すること火の如く、動かざること山の如し」とぼやいてました。  どんなもんでしょう?山梨出身の女性読者さんはここにいますかね?  居たら聞いてみたいものです(笑)。  誰かさんの上さんもまさか?!

昨日は長年お付き合いいただいている、山梨出身のビルオーナーさんと浅草で楽しく飲んでました。 ビルオーナーさんに私のブログの存在を教えたのは初めてです。 私のブログは本音ベースの語りが特徴です。 その辺を踏まえた上でお付き合い頂ければと思います。 私のブログは、私が選んだ人以外には教えていません。 今後も検索で辿りついた人以外に、大っぴらにすることはないでしょう。  

私と面識が無くて、ここに辿りついた愛読者さんはラッキー?!です。

昨日は、ご馳走様でした。 また他国籍軍相手にお疲れ様でした。 イランの美人革命防衛隊員まで居てビックリしましたね(笑)。 イスラム女性がお酌していいのでしょうか? ゾロアスター教徒かもしれませんね。 酒が弱いくせに酒好きですぐに轟沈してしまうKanjiです。 後方支援が十分にできず失礼しました。 酔っ払うと、英語も露語も中国語も出てきませんのでご勘弁ください。  

以上、相変わらずの独り言でした。


古くからの愛読者さん達はご存知ですが、私はブログ開設以来一貫して不動産に対しては弱気でいたと思います。  今後の見通しも依然として変わらず。  好立地の新築若しくは築浅のビル以外は、空室率の高止まりとテナントニーズの弱さで恐ろしいくらいの条件(テナント及び仲介業者に対して)を提示して誘致活動をしている。 一般読者さんは裏を読んでください。 

まさに私が良く言ってますね?「オーナー間の死への競争」。  戦争でも経済戦争でも、一番大切なのは「正確な状況を把握すること」そしてそれに基づいて、他のオーナーを出し抜くこと(キレイ事でなければこういう言い方になる)。  ビルを売ったりしてこの戦場から離脱するのも一つの方法です(税金の処理とこの市況の事を考えると時既に遅し)。  しかし、ビルオーナーの中には、災い転じて福と成すべく行動している人もいます。 感心するケースもあり。 但し、相当数が討ち死にするでしょう。 

東証REIT指数が年初来安値 欧州問題と規制強化を懸念」(2011年10月21日付日経Web)

J-REITや不動産に関して、私がどういう発言をしてきたか? ご存知ですね?読者の皆さん。 予言は証拠を残しておかないと、予言になりません。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。