金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年09月11日

米墨戦争・米西戦争・大東亜戦争、そして9・11

本日はあの9・11から10年。 

まさかあれが、ビンラディンのテロだと信じているナイーヴな読者はここにはいないでしょう?

今ではだいぶ証拠付きでネットや関連本で明らかにされてますが、日本ではNHKなんかでもビンラディンのテロを前提とした番組を作っているんだから鼻白んでしまいます。  

10年前、あの衝撃的な飛行機の突入映像を最初見た時は、思わず言葉を失いましたが、「またやったか!アメリカよ!…」と。  直後から当時本業で接触のあったお客さんや家主さんには私の見解を話しましたが、軒並み信じて貰えなかったことを良く覚えています。

今は亡き、真坊さんなら良くわかってくれると思いますが、あの「オレンジ計画」を策定して、完膚なきまでに日本を叩きのめしたあのアメリカがこんな大規模テロに気がつかなかったなんて馬鹿なことはありません。 真珠湾へ日本を見事に誘導してパープルもとっくに解読していたのに知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいたあのアメリカが。 自作自演にしても何にしても最初の一発を相手に打たせる事は、もはやアメリカの伝統文化とも言っていいくらい、歴史的に由緒あるものです(皮肉です)。

私は小学生・中学生の頃を通じて、このアメリカのオレンジ計画とここまで調べるか!というくらい調べ上げ分析していたアメリカの力(総合力)に震撼し、絶望的になった気がしたものです(これじゃ勝てるわけないと)。  アメリカの物量だけでない真の底力にです。

その私からすると、「よくぞまああんな茶番を…」という気持ちですが、世界はもう暫くはこの親ビンに逆らえません。  だいぶ足腰が弱くなりましたが、倒れるときはこっちを向いて倒れてきますから他人ごとではありません。  


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。