金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年08月17日

人民民主主義国家

一将功成りて万骨枯る

どこぞの国の無能首相を指してのこの言葉を聞きましたが、私には

狡兎死して走狗烹らる

とすぐ連想されました。 私も歴史から学ばねば…。


この前また元エリート官僚さんと飯を食ってました。 この一緒に飯を食うというのは、村落共同体の残滓を引きずる日本では、非常によい相互理解の手段だと思います。

以前に、エリート官僚が人生の収支を合わせるかのようにうんぬんと書きましたが、元エリート官僚さんによると、それは違うという。  「給料は大企業なみにあれば十分です。 それと年金の保証。」それがあれば十分に国民国家のために頑張るらしい。 

最初は、「?」という感じでピンとこなかったが、「官僚にとっては自らが立案した政策が実行されていくことがなによりも魅力的ですよ」   優秀な人間にとってはそうだろうな…ここまで聞いて腑に落ちました。

「田中角栄の下で働いた官僚達は、さぞかし幸せな時間を過ごせたんだろうなあ…」と瞬時に連想。   

普通の国民は、官僚の悪いとこだけ見て批判ばかりだけど、国民から馬鹿な政治家どもを頭に落とされる官僚達の身になって考えてみれば? もうたまりませんよこんなの。  

と改めて気付かされた一日がありましたので、記録に残しておきます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...