金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年08月13日

過去の記事より

ここ最近、ブログを更新するモチベーションが上がりません。  知り合いの例の社長は,maca男 in macau(スティングのEnglishman in NYと違ってなんだかカッコ良くないな…)だろうし、他の仲良くしてくれてる社長さん達(京橋社長お元気ですか?)を含め、儲かってる会社の社長は例外なく、秘処で秘所秘所やってるし…。 でも偉いのは皆さんちゃんと外で宜しくやってること。  わかってるんですよね。  

以上、羨望やら嫉妬やらわけのわからんことを書かせて貰いました。


ここ2〜3ヶ月の間に、ものすごく重要な事が起こっていることに皆さん気付いてますか?  時々ひどく焦る自分がいます。  今日は以前に書いた記事から「2009-10-03付記事 正真正銘金鉱株“住友金属鉱山”2」を読み返してください。  私の予測が見事に当たりました。  鉱山会社のプロが一介の不動産屋の予測に負けてはいかんでしょう。  この事を早い段階から指摘していたのは私だけです(誤りがあれば訂正しますが、当時誰も指摘していなかったのを確認済みです)。

重要な所を抜粋しておきます。


金価格が歴史的な高値圏にある現在、当社としては長期的に当社生産金の販売価格をヘッジ取引により確保する好機であると判断し、この度以下の通り両鉱山生産予定金の長期的なヘッジを実施しました。

1)菱刈鉱山:2009年9月から2012年6月までの菱刈鉱山生産予定金量の内、四半期当たり900kg(年間3.6トン、年間生産量の48%)について、下限価格$700/トロイオンス、上限価格$1,700/トロイオンスのミニ・マックス(注1)によるヘッジを実行致しました。

2)Pogo鉱山:2009年9月から2014年12月までのPogo鉱山生産予定金量の当社権益分85%の1/2について、同様のヘッジを実行致しました。但しPogo分についてはヘッジ契約が2つに分かれており、ヘッジ量全体の約28%については下限価格$750/トロイオンス、上限価格$1,850/トロイオンスのミニ・マックスであり、残り約72%については下限価格$750/トロイオンス、上限価格$1,700/トロイオンスのミニ・マックスとなっております。

…以上の発表で明らかになったのは、住友金属鉱山経営陣が「ペーパーマネーの崩壊」という視点を持っていないこと。  生産量の50%もの多額のヘッジングでは、金の暴騰が始まったときに、自ら天井を作ってしまったということ−我々金投資家にとってはこれでは株の上昇率も期待していた程は良くならないでしょう


あえてここには出しませんが、私のコメント欄のやりとりも読んでみてください。
posted by kanji at 19:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...