金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年08月29日

金と銀

「小市民カーン」がやっとこ退陣です。  三橋貴明さんのブログで「市民カーン」退陣とあったのに感心して、こっちの方がもっといいだろうと「小市民」としました。 わかる人だけで結構。 あなたも私も民主主義という一応のシステムの下では連帯責任を取らされています。


2001年のITバブル崩壊後、次の成長産業を探していた私は金の上昇に気がついてしまいました…。  

結果的に金の上昇に気がつかずにいれば、ジパングも知ることがなかったし、不動産投資のみで今頃キャッシュフローは年間600万円は軽くあったことでしょう。 この10年もの時間を考えれば、10%の頭金だけで可能でした。 今頃は負債のない不動産を手にしていたことでしょう。

全ては後の祭り…。 だからこそ、今でも不動産ではなく、金銀の世界に私はいます。

当初は金にしか関心はありませんでしたが、途中から主に銀投資に入って行ったのは昔からの読者は、リアルタイムで検証できたましたね?

金が1980年の高値の2倍をつけた中、誰かさんと違って口だけでなく、実績を伴っているエリック・スプロットは、金から銀に主力を移すようです。

重要なところを抜粋。

20110829Eric sprott
the last decade will be silver

Eric Sprott, the perennial gold enthusiast, has his sights set on a new precious metal.

Mr. Sprott’s charitable organization, The Sprott Foundation, is selling two million units of its gold holdings and using the money to buy silver.

The move comes as gold veers close to $1,800 (U.S.) per ounce, and less than a week after Mr. Sprott had declared the metal “the investment of the last decade” in an interview with GoldMoney Foundation. “I think silver is going to be the investment of this decade.”

銀投資家さん達、おめでとうございます。

但し、ウォーレン・バフェットはとっくに銀から撤退してますからね。 念のため。


posted by kanji at 21:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

金2000$間近

最近、「マカ男さんってどんな人?」と続けて聞かれる機会があったので少しだけ紹介します。

以前にも書いたように、高収益IT企業「エイティーンパラダイス株式会社(仮称)」の社長でイケメンリッチなナイスミドルさんです。 BSも見せてもらいましたが素晴らしい内容。 無借金で純資産ウン十億円のハンドルネームからは想像できない優良企業の社長さんです(笑)。 これ以上は仕事柄「守秘義務」を負っていますので言えません。 本人の了承があれば別ですが(笑)。  これだけ優秀な経営者さんですが、天は二物を与えずで、macauではF4Fワイルドキャッ一式陸攻よろしく、電動兵器「VT信管」が作動してワンショットで撃沈されてしまうそうです。  すいませんマカ男さん、守秘義務に違反してしまいました(笑)。 

「おもしろき事なき世をおもしろく」

マカ男さんも了承済みです。 純銀ETFでエア・マカ男50往復くらい儲けられた事でご勘弁を。 但し、ピャオリャンなネコちゃん達に弱い事をばらされてしまったので後でお叱りを受けるかもしれません(笑)。 ちょっとマニアックなので今は亡き「真坊」さんしかわからないかもしれませんね。 きっとニヤニヤしながら読んでいることでしょう。


20110826goldchart.gif goldは過去最高を約2倍更新
60day gold chart

20110826silverchart.gif silverは過去最高の更新に未だ至らず
24hour silver chart


…と相変わらずの前置きですが、ちょっと前にも書いた通り金銀投資家にとっては、水面下でものすごい重大な事が起こっていることにどれだけの人達が気付いているでしょうか? 金2000$到達直前の意味。 原油・天然ガスの下落。 円高。 農産物価格の高騰。 正直、読者が羨ましい。 私はジパングで作ったとてつもない大穴をまだ埋めきれてないのに、私のブログを初期から呼んでいる方は、相当の含みがあるはずですから。 ただ私もジパング・アポロ・ルビコンの大穴を除くとほとんどの局面では勝利していることもお忘れなく。  

本当はこんなふざけた事を買いている場合ではないのですが、おもしろき…の精神でいきましょう。
posted by kanji at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

人民元暴落予想

ジム・ロジャースが人民元を持つことを推奨してるのを承知の上で書きます。 彼の向こうを張りますから傍から見ると無謀ですね。

副島隆彦氏によると中国のバブル経済はアメリカに勝つらしい。 私は共倒れになると思っていますが。 実際に中国に何度も入って本を書いているようなことを書いていましたが、一体何を見てきたんでしょう?  

人民元預金を勧めたりしてますが、人民元は一度暴落するはずです。 中国は実はあまりお金を持っていないというような事を以前書きました。 日本の2倍の米国債2兆ドルを持ってる中国がどうして?  

恐慌の発生で、中国に多額の投資をした外資系企業が一斉に人民元から外貨に換えて逃げ出したらどうなるのか?  民間から預かった外貨を人民元に換えて世界一の米国債保有高と高らかに誇って化けの皮が剥がれる。 

しかしこの予想は恐慌の発生が前提です。 経済的に苦境に立たされた中国が歴史的な恐慌解決策、「戦争」をしかけてくる可能性も十分あると考えています。

人民元預金をされてる方はお気をつけて。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。