金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年07月23日

「金の果実」シリーズの投資リスク

先日、金銀ETFはいつまで投資できるのか?と書きましたが、
「金の果実シリーズの投資リスク」を皆さん良く読んで各自判断してください。

私が気になるのは、特にこの辺です。

C指標価格と一口あたりの純資産額(取引所開示)の乖離要因
本信託は、貴金属地金を高水準の割合で保有(高水準の割合って…おいおい…)することで、指標価格に連動することを企図していますが、次のような要因があるため、結果として指標価格と一致した推移をすることをお約束するものではありません。
消費税等の相当額の授受又は信託報酬等の支払い等のために一時的に金銭を保有する可能性があり、本信託の信託財産はすべてが貴金属地金のみとはならないこと。
信託報酬等のコスト負担があること。
信託設定(追加信託を含みます。)時に受託者が消費税等の相当額につき本信託に貸付けを行った場合においては当該消費税等の相当額が本信託に還付されるまでの間の借入金の金利負担があること。


SPDR等の金銀ETFも、私のブログを読みに来る方で、金銀現物の裏付けがあると信じている方はほとんどいないでしょう。 それじゃあ日本は?信用できるのか? 三菱信託の冠を100%信用したいところだが…

参考になればと思って紹介しておきます。
posted by kanji at 15:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...