金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年06月10日

石原莞爾の記録

「今度の戦争で、もし陛下が自分に参謀総長を命じられたならば、日本は絶対に負けなかったであろう。 その時は君たちは敗戦国民として、我々の前にぺこぺこしたであろう」 
1946年飯田橋逓信病院に於けるアメリカ検事との会話

横山臣下平著『秘録石原莞爾

2011年06月08日

村上世彰氏有罪確定

20110608村上有罪
 東京新聞記事

書く気がある時は書いときます。 

最高裁が上告棄却したことにより、村上世彰氏有罪が確定しました。  内容を見るとかなり厳しめにインサイダー取引のくくりをしたように感じます。

ホリエモンと一緒に(地)獄送りになってしまいました。

既存のエスタブリッシュメントから認められず、排除されたようにも見えるホリエモンと仲良くです。  ちょっと既得権益者を脅かせ過ぎましたか。

しかし、ファンダ乙女さんではないですが、あの会社は大丈夫でしょうか?  ここまで来るのに相当無理を重ねていると思います。  入れ物だけ取って、邪魔な中身を外へポイした金鉱山会社がありましたが、露骨過ぎやしませんか?  岩盤欲に続いて2度目ですからね。  余計なおせっかいですが、大丈夫ですかMa坊さん?  信用取引の損失で強制売却というシナリオを描いたかもしれませんが、強制売却の後、買い戻しもしないで売りっぱなしですから、不可抗力と言うにはあまりにもあからさま過ぎる気がしますが…。  

私がここで書かなくても、確実にロックオンされてると思いますよ。  ちょっとやり過ぎです。

飛行中にいきなり空中爆発を起こさないとも限りません。 そして本社ビルにTV局が殺到するやもしれません。  ビルオーナーにしてみればたまったもんじゃないでしょう。 そうなったらオーナーも可哀相ですよ。  勿論、何もなければ何の問題ありません。  道中お気をつけて。

2011年06月06日

不動産オーナーさん達大丈夫ですか?

忘れない内に残さなくてはならない。

20110606九段会館
九段会館の天井崩落事故 遺族ら業務上過失致傷で告訴


3.11の地震で九段会館の天井が落ち、28人が死傷した事故を目にして不動産オーナーさん達大丈夫ですか?

建築基準法に違反してなくても、告訴されて有罪になる可能性がでてきた。 重要なのは、九段会館は建築基準法に違反していないし、定期的な検査でも問題がなかったということ。

「違憲の軍隊」という言葉があるが、日本では法律が厳格に適用されることはない。  アメリカも同じだけど…(当ブログ開設の本来の意図、金銀が出てきますのでちょうどいい)

アメリカ合衆国憲法第10節
(1)いかなる州も、条約、同盟、もしくは連合に加わること、拿捕及び報復の特許状を発し、貨幣を鋳造し、信用証券を発し、金銀以外の物を債務支払いの弁済となし、私権剥奪法、事後法、あるいは契約上の債権債務関係を侵害するような法律を制定し、貴族の称号を授与することはできない。


特に旧耐震の不動産オーナーさん達、他人ごとではありませんよ。

例えば自分のビルが旧耐震ビルで、建築基準法に違反してなくても、大地震が来て上物崩壊。 店舗で食事や買い物をしていた客がペシャンコになって多数死亡。  しかし、隣の旧耐震のビルは耐震補強していて人的損害なし。
  
どうでしょう? 大いに考えられませんか?