金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年05月27日

震災後の不動産

震災後、不動産についても何度か書いてますが、時間が経つに連れて不動産も株価暴落後の半値戻しのような形で値を戻すでしょう。 でも震災前の価格に戻ることはないでしょう。  いくら日本人が忘れやすいとは言え、今回の地震と原発事故によって相当深い傷跡を不動産よりも日本人の心に残しました。



『エコノミスト』がREITについても分析してましたので、紹介します。  『宝島』にも結構詳しく載ってましたが、REITは出てませんでしたので。 概ね私の見方に近いと感じました。 ちなみにREITの個別銘柄に言及する時は、基本的に悪いことは書けません。  いろんな人達に迷惑にならないように。 でもこのブログを運営することによって私の本業のお客さんとも繋がっていることにもなり、仕事にも繋がることでしょう。

1月4日のREIT指数が直近の高値だったことは、ご存じだと思います。  震災後はほとんど1月の高値に迫った銘柄はありませんでした。 しかしその中でもこの銘柄は、1月の高値を一時的にでもタッチしました。

20110527野村オフィス
【8959】野村不動産オフィスファンド投資法人

銘柄をうまく選べたREIT投資家は、震災後も高値で売却できる時間もあったということです。  現時点での60万円での想定利回りは約5%程度。  前回紹介した日本ビルファンドよりも利回りはいいです。 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。