金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年05月24日

旧東京不動産研究所所長執筆記事

【2011-01-15掲載】

20110115silverwheatonchart.png

Silver Wheaton Corporation (SLW.TO)の株価下落が止まりません。  今、手を出すのは落ちてくるナイフを素手で拾うの例えが当てはまるでしょう。  銀自体がそれほど落ちていないのに、銀鉱株の落ちがきついという原因に注目しましょう。  金銀現物の価格は金銀鉱株に遅れて動くことが多いということにも注目してます。

※2011年5月24日現在から振り返ると、株価的には下落局面の終盤でしたがやはり下落の途中でした。  結局30CAD台まで下落してます。 検証することは大事なこと。 過去の損は取り返せませんが未来の利益に繋がります。 


posted by kanji at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧東京不動産研究所記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧東京不動産研究所所長執筆記事

【2011-04-01掲載】

20110401GPR.png20110401silverchart.gif


画像は、本ブログ紹介銘柄のGPRと銀現物のチャート。 気付いてますか?金銀鉱山株が天井をこつこつと叩いているような動き。  それに比べて金銀現物の方は未だ上がり続けている。  一般的に金銀現物よりも金銀鉱山株の方が先に天井を付ける動きをする。  もちろん、株式が調整を経て更に上に向かっていく可能性も残されている。

どちらを選択するにせよ、警戒すべき時間帯に入ってきたことだけは間違いなさそう。

※2011年5月24日現在から振り返ると、金銀鉱山株がやはり先に天井を打っていた。 金銀(特に銀)がGW中に大暴落したことを考えると、過日の$¥で76円台の急激な円高(ミセスワタナベ狩りと命名された)と同じパターンと推測される。 日本市場の長期間の休みを突かれました。 
 【1542】純銀上場信託(現物国内保管型)で見ると、年初来高値13,090円(2011/04/25)から8,720円(2011/05/17)までの13営業日でなんと約50%もの下落! 急激な下げが始まったのが、5/2からということを考えると、戦慄します。  
まさに株式市場は戦場です。 一瞬の判断の遅れが命取り。 外資ヘッジファンドなんかにも相当やられたはずです。  まさに日本市場での七面鳥打ち。 いやフライド・チキンかな?

posted by kanji at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧東京不動産研究所記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。