金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年05月23日

旧東京不動産研究所記事【2011-04-17掲載】

20110417REIT.gif
【1345】上場インデックスファンドJリート隔月分配

2011年1月5日記事で終値を記憶しておいてくださいと書きました。   当時の状況からすればあり得ない高値であり局地的ミニバブル発生を見ている感覚でしたが、この高値を抜くことは私的には当分の間考えられません。 右肩が下がってデッドクロスが出現しそうですね〜  でも信用しないでください。 なぜなら1月5日にこの記事を書いた時に、空売りを敢行していて踏み上げの含み損が拡大していたのですから。  私のクセを思い出してください。 ただし私は確信してますけど。


posted by kanji at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧東京不動産研究所記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧東京不動産研究所記事【2011-02-10掲載】

私が以前に株主になってもいい会社(ADW)と紹介しましたが、急伸してます。

20110523ADW.jpg
「ADワークスが増額修正に後場急伸、上昇率2割超に」

ただ、いつ金銀の上昇が始まるかわからないので、私は買ってません。  しかし、金銀から乗り移る時に買ってもいいと考えてる―とは言いましたね?

※5月23日現在、ADWを保有していませんが、小型株は値動きが軽い。  3月11日の日本株の暴落で買いに入れた人は現在2倍近くにはなっている計算です。  それでも私は元本回復するまでは金銀ですけど…。
posted by kanji at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧東京不動産研究所記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銘柄紹介 【8951】日本ビルファンド投資法人

※以下の記事は、旧東京不動産研究所記事【2010-10-26掲載】された内容に削除及び変更を加えたものです。 あしからず。

読者の中には、J-REITでもいろいろあると思うけど、どの銘柄がいいの?と知りたい方も多いと思います。

金銀が当分輝く!というのが、我々の結論ですがもし不動産に現時点でも投資したい方がいるのであれば、まずはこれをお薦めします。

【8951】日本ビルファンド投資法人

日経新聞なんかを読んでも、一部Aクラスビルを除いて未だ空室率に歯止めがかかってないというのは、本当です。

もし、今後世界同時株安が来たらリバウンド狙いでJ-REITに目を付ける人もいるでしょう。

20110523日本ビルファンド
【8951】日本ビルファンド投資法人

※安定した値動き。 利幅が取れなくてつまらないかもしれませんが、その分底値を読みやすくないですか?

その時に重要なのは、財務内容を含み様々な意味での安全性。 借入・稼働率共にバランスが良い。 これが破産するような事があれば、他もダメでしょうね。  本業の絡みもあるので、ここで詳細に申し上げることはできませんが、ここの母体は何しろテナント誘致能力が総合的に高いです。 私もいろいろな場面を見てきて感心すること多々有。  

その分、利回りは1.2を争うくらい低いですが、トレードするならこれでしょう。  長期保有でもいいと思いますが、私が求める利回りが低すぎます。  失敗したくない!という方が、日本株全体が暴落するような局面が来たら、敢然と買いに走るといいと思います。  とにかくこの銘柄は安全性が高い。

旧東京不動産研究所記事【2011-01-21掲載】

先日『2011-01-05付記事』でJ-REIT指数が驚くべき高値を付けたことを報告しました。  やはり、「2011年1月4日、1160円の終値」が天井になった可能性が高い。  私は相変わらずタイミングが早すぎて踏み上げをくらって一時火達磨になってしまいましたが、その後の売りで+に転換することができました。  やれやれ...です。 

※5月23日現在、売り買い共にポジションを持っておりません。
posted by kanji at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧東京不動産研究所記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧東京不動産研究所記事【2011-01-05掲載】

2011年、今年最初の不動産分析記事です。

昨日終値で、REIT指数の【1345】上場インデックスファンドJリート隔月分配が終値で1160円を付けました。  研究所所長として驚愕するとともに、今後の成り行きに大いに注目しております。

昨日2011年1月4日、1160円の終値。  

皆さん、記憶しておいてください。

※その後2011年5月23日現在、一度も1160円に達していません。 計らずも株価のピークを当てていました。
posted by kanji at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧東京不動産研究所記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。