金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年05月16日

久しぶりの書き込み

東日本大震災前までは、元本が回復したら資産のほとんどを日本の不動産にしようと考えていましたが、かなり考え方が変わりました。  不動産は不動産でも海外分散投資をします。  時が来たら調べた不動産(とりあえずはREITを中心に)を書こうと思ってます。

地震や火事で建物が全損する可能性まで考えた上で、不動産と言ってましたが、99%放射能までは考えてませんでした。  勿論、何度か思いついた事はありましたが、技術立国日本でチェルノブイリに匹敵する事故が起こるとは…。  皆さんも相当に参ったと思いますが、福島県に不動産を持つ人達は今後どこまで補償されるのか? 被害が大きければ大きいほど、その額は減らされることは間違いありません。  財産として不動産を所有していた方々は、資産が一瞬にして消滅!(その価値を)する恐怖を感じられたことでしょう。  東北関東圏に在住の方々は、今でも心安らかではないはずです。

20110519不動産 
「こんなに下がった不動産価格(現代ビジネス記事)」より

大都市にお住まいの読者も結構いると思います。  特に高層マンションを購入した方は、今後起こり得る停電で一瞬にして気がつくかもしれません。  親しい方には、もう何年も前から言ってましたよね?  本ブログを見る方が気分を悪くしないようここではこれ以上言いません。  


今日は特にマンションを所有(自宅・賃貸用共に)している人は暇があったらお読みください。 個人的には石原莞爾の本を広く読んで欲しいんですけど…

マンション管理大損のからくり 管理費、大規模修繕費は四割安くなる!

最近ではたまにTVでもやってますが、良く書かれてますよこれ。  レビューもかなりいい評価みたいですね。

自ら勉強しないと、餌食にされるだけです。  私も株式ではイヤと言うほど見にしみてます。