金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年04月01日

銀の急騰はどこまで?

今日から日経新聞の『私の履歴書』で『ブッシュ(説明要らんでしょう)の履歴書』が始まったらしい。  911に関するコメントと共に震災被災者への深い悲しみが寄せられていましたが、全くもってよくぞまあ…と呆れてものが言えないのと同時に怒りすら感じました。

多くの日本人は知らないと思いますが、副島隆彦が盛んに言ってた『日本の(金持ち層と読書層)上流層』であれば、とっくに知っていること。  良く恥ずかしげもなく堂々と言えるもんだと変な感心(皮肉です)。  

副島に関しては、今まではちょっぴりは敬意も表して「さん」付でしたが、ことここに来て害悪の方が強いと判断、以降「さん」付では呼びません。  真の日本国王は汚沢と言ってるくらいのレベルですから、呆れてものも言えませんな。 


「小沢一郎は朝鮮人」と西村眞悟先生




【売国】小沢一郎幹事長言行録[桜H21/12/17]



小室直樹先生も草葉の陰から嘆いていることでしょう。  


しかし…銀の急騰が止まらない。  あまりの急騰振りに【1542】純銀上場信託(現物国内保管型)を9620円で一旦利確。 しかし、その後も勢いは止まらず、「また早すぎたか…」と。

ここまでで、かなり損失を取り戻してきましたが、元本回復までは未だ至らず。  しかし、気付いてますか?金銀鉱山株が天井をこつこつと叩いているような動き。  それに比べて金銀現物の方は未だ上がり続けている。  もちろん、株式が調整を経て更に上に向かっていく可能性も残されている。

どちらを選択するにせよ、警戒すべき時間帯に入ってきたことだけは間違いなさそう。


posted by kanji at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。