金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2010年12月31日

2010年の総決算

明日はいよいよ2011年です。 
早いもので、本ブログを始めたのが2009年。 そして初めに宣言していたとおり、不動産を買っていくのが2011年以降というのは不変です。 これまでの展開は、私が当初考えていたよりずいぶんと緩やかな動きです。

現在、微調整させていただきますと、早くて2011年暮れから購入。 恐らく2012年以降の方が良いでしょう。  素人サラリーマン不動産投資の出現もあり未だ不動産は安くありません。  金銀のピークを見極め返す刀で、不動産に移す予定も未だその機会を得ず。 一日千秋の思いです。

2011年の後半の銀価格の急激な上昇にある程度は乗れたのですが、降りるのが少々早すぎました。  
この2011年後半は金銀のことは、トロントの方に専念し、不動産記事を主に載せるようになりました。 

最後にウルトラベアストックについて一言。  あの会社の社長さん、今年はついに平成の富永恭次になることに開き直ったようです。 いつ一式陸攻で飛び立つか観察しています。  余計なお世話ですが、増田さんを始め、社員の方大丈夫かなあ…


さて2011年、皆さんの目論見は如何に? 


posted by kanji at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

忘年会シーズンで暇がありません!

すいません! ここのところ、毎日帰りが遅く更新の時間がありません!

『トロント…』の方を更新するだけでいっぱいいっぱいです!

でもクリスマス前のプレゼント。 

REIT指数のこのチャートがそれ。

後は各自お考えください。
posted by kanji at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

副島隆彦本(ぼん)

今、副島隆彦さんの最新刊『日米 地獄へ道連れ経済』を読んでいます。  

昔は私も彼の歯に衣着せぬ断言的な言い方と、政治経済の内幕を暴露(全部正しいと思っちゃダメですよ)する彼の本を読んで密かに知的な気分になったような気がしてもいましたが、今では読んだらすぐにブックオフです(笑)。 
昔からの読者は気付いていると思いますが、自分の過去の予想や発言を都合よく変えたり(何の説明もなしに)していますから、気を付けてくだい。  彼の本はほとんど全て読んでいますし、その上でほとんど売り払っています。  

彼が決定的に間違っているのは、世界皇帝がロックフェラーと言ったり、グリーンスパンを称賛していたり(信じる人はいないと思いますが、私は不動産の立場から見ても彼がマエストロとか言われていたときに大批判していました)こと。 中国は平和な帝国を目指すとかも言ってたし(鳩山さんと一緒で頭の中にお花畑でも咲いているのでしょう) でも幾つかの発言の誤りだけで全否定することは、私はしません。

金鉱株掲示板時代からの、読者はご存じだと思いますが、あのウルトラベア・ストックのジパングでさえ、日本で唯一の専業金鉱山会社という目の付けどころだけは、今に至っても評価しているのは不変です。 しかし、能力がなかった…。  結果は皆さんご存じの無残なものです。 ついでにひょんなことから歴史的な見識も大したことがないのが、ばれてしまった…(これにもがっかりしました)。

あの会社も、自ら専業金鉱株会社を投げ捨て、TV通販会社兼業金鉱山会社となって戦略がブレまくってます(裏口を狙って仕方ないところもありますけどね)。  

副島さんは金に関して触れることも多いので、私も勉強のためにも今でも読んでいます。  皆さんも自分の考えをしっかり持ちつつ、読んでみてください。  そうでないと、彼のことをすごい先生だと勘違いしてしまいますから(笑)。  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。