金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2010年08月16日

韓国人と中国人 1

一昨日、NHKの「日本のこれから」という番組で相変わらずの「日韓の歴史認識」を議論してましたので、その感想と私の考えをまとめます。

つくづく思うのは、韓国人は本当にタチが悪い。 中国人が歴史認識で日本を非難してくるのは、日本から利益を得たいがためにわかっていて確信犯的に日本を責めてきているが、韓国人は心底自分たちが信じている歴史が正しいと思い込んでいるので、もはやどうしようもない。


「日本のこれから 〜韓国人の妄言 1/3」

 

中国人の考え方はとても理解し易い(相手の弱点を突いてくるのは、戦術として悪くありません。 長い目で見た戦略ではわかりませんが)。  韓国人は自分たちが信じている(教え込まれてきた歴史認識に一点の疑問も抱いていない。 ここがミソです)ことが、日本人との議論が全くかみ合わない主因です。 

今では、韓国人の歴史に対する嘘が様々な日本の研究及び一部の韓国人歴史研究家から暴露されてきてますが、彼らはいつになったら目が覚めるのでしょうか?  だから今でも「馬鹿チョン」と言われるのです。  敢えてこんな書き方してますが、彼らにはこの呼称はぴったりだとつくづく思います。


「アメリカ人が韓国人の嘘にブチ切れ Why koreans are liar」




竹島に限らず、彼らは歴史を偽造する。 ネットでいいので少し調べてみてください。 最近では「イエスキリストも韓国人だった」なんて韓国人歴史学者が発表してるくらいですから。  中国人も怒ってますよ。 「漢字を作ったのも韓国人」「孔子も韓国人だった!」なんて韓国人学者や研究家が堂々と発表してますしね。  他に書ききれないくらいありますが、きりがないのでこの辺で。 

これだって朝日新聞を始めとするマスコミに作られた問題です。


「従軍慰安婦問題について語る、櫻井よしこ氏」



私は本当に韓国の歴史学者やマスコミを軽蔑しています。 善きにしろ、悪きにしろ、感情的に納得できないにしろ、真実を追求するのが学者(科学者)でしょう。  私だって、お客さんであれば中国人や韓国人にも対価に見合ったしっかりした仕事をきちんとします。  韓国の歴史学者やマスコミは、「ヤクザ政治家」ですね。  真実をねじ曲げて自分に有利なように改竄する。  「政治家」であれば理解できますよ。  日本人も中国韓国に対し、このずうずうしさを少しは学びましょう。

≪続く…≫


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。