金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2010年02月27日

【1683】国内金先物価格連動型上場投信 を売却

昨日の記事で掲題の金ETFを購入と報告しましたが、あまりの出来高の少なさに、昨日3,140円で売却しました。

これだって、売却した時点でTOCOMの金が3,180〜3,190円くらいで動いているのに、この金ETFの値段は3,125円程度!  これまた野村金ETFと同じく全然連動してないじゃない!とリスクを感じ、売却。

今、日本には安心して取引できる金ETFはありませんね。  これだったら、素直にTOCOMの金を一枚だけ売買していた方がよっぽどましです。

それと、例のジパング、Yahooの掲示板でも酷い書かれようです。

その中で、真偽のほどはわかりませんが、「藤原直哉さんと袂を別った理由」が書かれていました。

昔っから、トラブルを抱えていたようです。  最後はやはり、タミ永閣下になるしかないか…


posted by kanji at 09:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

『エンゼルバンク』という漫画で

昨日、掲題の漫画『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(14) <完> (モーニングKC)』(単行本で何巻かはわかりませんよ)で不動産投資について書いてあったことが、(途中までは)昨年最後の記事で私が書いていたこととそっくりそのままだったのには驚きました。 

内容は不動産セールスマンから不動産投資を勧められたのに、そのセールスマン自身が不動産を購入していないのはなぜか?(詳細は漫画を読んでください)

途中省略しますが、読んでみての感想は、始めは良かったのに結論は「やっぱりね」と。  思わず「ニヤリ」とほくそ笑んでしまいました。  「素人さんだよな」

私は最初の不動産バブル崩壊後も、今回のミニバブル崩壊後でも、ずっとデフレが続く中、実際に不動産投資に成功してきた人を何人も見てきました(あくまで、これまではです)。  

もうどうやれば、確実に不動産で財産を増やしていけるのかよ〜くわかってます。  なにせ実業で何年物間経験してきているわけですから。

最大の成功要因は長年の低金利。 こんなにも長く続いてきたことを一体誰が予想できたのか?  低金利を予想できた人でも、こんなに長年に渡る人類が初めて経験したくらいの低金利を本当に予想できたのか? 

成功してきた人がこれからも同じ手法で果たして成功するのか?  私のこれまでの経験と金・銀との組み合わせと不動産。  私が考えるに最強のポートフォリオでしょう。  

私もジパングなんかのインチキ株を買わないで、金現物を買ってそのままほっといただけで、2011年以降に不動産(15%以上で)買えば引退できてたでしょう。  例えば、元金2000万円で3倍だとして6000万円。 グロス利回り15%で年間900万円の収入。  2011年以降大恐慌に襲われているとすれば、30%でもキャッシュなら買える可能性があります。  リップス翁が言っていたように、金が月に届くまで上昇だったら…。

満を持して2011年以降不動産を購入するために、とにかく元本を回復せねば…くそっ!

2010年02月25日

【1683】国内金先物価格連動型上場投信を購入

本日、掲題の金ETFを3,115円で60株、総額186,900円で買いました。

野村金ETFでは負けなしでトレードできましたが、今度の新しい金ETFではどうか?

始まったばかりとはいえ、出来高の少なさには呆れます。

衆人監視の中での購入宣言です。
posted by kanji at 20:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。