金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2010年01月11日

2010年、金・金鉱株・不動産 2

続き…。

私は石原莞爾を尊敬していますので、文章中に古代から近現代までの戦史に関する記述が時々出てきます。  初めて戦史に興味を持ったのが小学校4年生の時。  忘れもしない、タイトルは『硫黄島(とう)』でした。  小学校の図書館になんでこんなにマニアックな(小学生にしては)本があったのかは、今考えても不思議ですが、今に至るまで興味を持ち続けるきっかけとなりました(石原莞爾に出会ったのは高校生の時)。  戦史を勉強していると、企業戦略(企業間戦争)とも通じるところ大で、無駄になることは決してないと思います。

このブログは、タイトル通り金銀そして不動産についての書こうと思って始めた訳ですから、なるべく脱線しないように心がけておりますが、時々はご容赦ください。  その方が面白い時もある―とも思ってますので。 

今年は原点回帰が私の大方針です。

本業を一生懸命にやり、金銀鉱山株を整理し、そのお金(資金の2/3)でお買い得な不動産が出てきたときのみ、2011年を待たずに購入する。  後は、整理してできた資金の1/3を金銀現物の購入に充てる。

2010年は、恐らく金銀現物が店頭から消滅する年になると思ってますので、買えるうちに買っておく―買えなくなったら、金銀鉱山株とブラックロックと考えています。 

当然、今年こそ資金が戻るということを期待して方針を打ち立てたわけですが、年末に再度検証してみたいと思います。  


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。