金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2009年12月23日

今年の総括

もう気分は年末の冬休みモードになってきました。

皆さんの今年の投資成績はいかがでしたでしょうか? 

ここでひとまず、2009年の総括をしておきたいと思います。

これまでを振り返ってきてつくづく感じることがあります。  結局は金の現物を調整が入ったときだけコツコツと買い増しを続けて、金・金鉱株について勉強したエネルギーや時間を、自分の本業にあてた方がよっぽどパフォーマンスが高かったと。  

確かに金ETFや住友金属鉱山の取引では少なくない利益を出せましたが、皆さんもご承知の通り、ジパング株にそれまで獲得した利益+αをつぎ込んで、結局は元本割れをしてしまい、本ブログで生き恥を晒すようなことをしています。  

私がこのようなことを書くのも、自分に対する戒めであり、この大失敗を忘れないようにするためでもあります。  自分のことを考えてみても、投資に成功した時は、後で振り返って勉強することは少ないと思いますが、失敗に対してはそうではありません。  

現在の私のポートフォリオは、金現物・海外金銀鉱株(Apollo ,Osisko,Silver Wheaton,etc)及びブラックロック・ゴールドファンド・日本株及び海外株ベアファンド等であり、このポートフォリオで今後利益を出せることを自分では確信しておりますが、絶対ということはこの世にありません。   

絶対損したくないんだけど…と言われればやはり金現物しかないでしょう。  金現物は、金鉱株と違ってその経営者の能力に左右されることはありません。 天災にも、暴動にもにも。  『いつも感謝している高年』さんのブログにもありましたが、パフォーマンス世界トップクラスのエリックスプロットのファンドマネージャーが金鉱株よりもむしろ、金現物に注目しているとありました。

短期ではともかく、長期ではもしかしたら、この金現物が一番パフォーマンス良かったということも十分にあり得ると思っています。  金鉱株は確かに金よりも大きく動くので、短期のトレードを得意とする人はこっちの方がいいと思いますが、私はあまり得意ではありません(これまで金ETFのトレードでは一度も損を出したことはありませんが…)。  

このポートフォリオで損失の回復ができ、利益もある程度上がれば私は自分の専門である不動産に回帰します。  その時には金・金鉱株について書くことはなくなっているかもしれません。  

おそらく、金が上昇を続ける途中で私は不動産に回帰することになると思いますが、全ては承知の上です。 一日も早くその日が来ることを。
 

今年最後に、都心の不動産市況についてまとめて終わりたいと思います。

現在相変わらず、商業用不動産は賃貸・売買とも低迷しています。 その価格だけでなく流通量も。  株式的に言うのであれば、流動性が低下している状態です。  おそらく来年春から夏以降、再度企業も動き出すと思います。  この経済不況に耐えられなくなって。  現在のところ銀行がまだ支えている状態なので、そんなに不良債権化した不動産は多くありませんが、私の予測では再度経済の二番底に突入した時点で、そんなことも言ってられなくなると思います。  賃貸ビル経営者で抵当・根抵当のついてない無借金ビルであれば、今度の大不況も乗り越えられると思いますが、借入で建てたビルオーナー、投資家はよほど高利回りで購入してないと地獄に行くことになるでしょう。 

株や商品の先物取引をした方は良く理解できるでしょう?  あきらかに割安で、ここをもう暫く耐えられさえすれば、確実に値を戻すことがわかっていながら、決済しなくてはいけない地獄を。  株式だけでなく、不動産でも同じです。 頭金を入れてローンを組んで不動産を買うというのも同じこと。 少ない頭金(証拠金)で頭金の何倍もの価格の不動産を購入するのだということを理解されていますか?  しかも株式と違って不動産は相対取引。  つまり流動性が非常に少ない中での取引は足元を見られて必要以上に買い叩かれる場合もある―ということです。   

無料で本ブログに書くことも惜しいくらいですが、本ブログ読者限定情報でご提供いたします。

来年は不動産に回帰できること願って― と今年を結びます。


2009年12月18日

プライムの行く末

大不況業種の不動産でも、時節柄忘年会で帰宅が遅く、次回の人間ドックが怖くなる今日この頃です。  今日も日経夕刊で、都心のオフィスビルの空室率が過去最大になったという記事が出ています。

不動産のプロとしての予測(過去の記事を見てください)は、的中率抜群です。  それに引き換え…自称プロも世の中にはいますので皆さんも気をつけてください。


ところで例の株、どうも上場維持は難しそうですね。

経済誌『ZAITEN』によると、グリーンシートを追い出されそうになったので、プライムに目を付けたとあります(本当にこう書いてあります)。  ということは、グリーンシートに戻ることも難しくなり、JASDAQ上場維持もできなくなるので、また未公開株へ逆戻りということになり、まさに「行ってこい」状態になるのか?! 

今後の行く末がどうなるのか実に興味を魅かれる株です。

2009年12月13日

金現物

ここ最近のプライムの値上がりすごいですね。 

空売りしなくて良かった…。 どう見ても恣意的な理解不能な上がり方のこの株をJASDAQがどう扱うのかに興味深々です。

普通に考えれば、何度も裏口上場を目論んだ前科があってQボードでさえ否定されたし、どう考えても上場維持できるはずがないんですよね。  近づく人や株主は鴨にされないように気をつけてください。  

私は金現物と海外金鉱株と住友金属鉱山、あとはベア・ファンドで大損失を取り返すつもりです。 プライムを住友金属鉱山と比較したら冷静になれますよ(第二菱刈等の評価も入ってないのに、未だに1千円台。 但し、もう一度日経に連動して引きづり込まれると考えてるので、今は保有していませんが)

今まで、あまりにも儲け+α(手元資金)をつぎ込みすぎました。 公募が終わってからも買い増していましたからね…。  今のところ、ジパング以外はほとんど利益を出していますが、もし損失を回復できたら不動産に回帰します。  もうニセモノはこりごりです。


さて、ようやく金も調整に入っているので、先週は若干ですが金現物(コイン)を買い増ししました。  私がよく足を運んでいる石福で最近の売買状況を聞きましたが、最近の調整でここが天井だと判断した投資家と調整を絶好の判断だと捉えて買い増しをする投資家が両方よく動いているようです。  私は勿論後者ですが、私が訪れた時に年配の男の人が古い金貨を売りに来ていました。  今は売り時ではなく買い時でしょうと心の中で呟きましたが、他人の財産ですからね。 

顔なじみになったお店の人に最近の外人の動向を聞くと、外人さんはSilverを買っていくそうですよ。  超割高の銀貨ではなく、10kgとかの単位で。  これも興味深い話です。  私はSilverの1kgバーも持っていますが、金貨とはまた違った輝きと重量感もいいもんですね。  どうせあと少しで、現物が店頭から消滅しますから。  ドルベースでは最高値を更新していますが、円ではまだまだです。  でも円でも3360円台の天井を一度抜いていますから、最後の買い場だと思ってます(現実的に手に入るという意味と心情面から判断して)。

もう皆さんの準備は完全ですか?
posted by kanji at 16:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。