金銀投資作戦参謀本部T・U

2009年11月05日

ジパング燃ゆ 10(ミニバブル)

上場を維持(再度の裏口上場が成功する)できるかどうかまだわからないのに、ここ数日の、ジパングとプライムの上げ、すごかったですね。   一旦バブルになると、そのエネルギーは大変なものです。  勉強させてもらいました。  今日一日ストップ高が続くなら、プライムのカラ売りをしようと今朝方、楽天の信用口座に入金したのですが…残念。 もう少し続いて欲しかったです。  本日、プライムは長い上ヒゲを付けました。  

ここ数日考えてました。  なんでジパングは、こんなイチかバチかのような、しかも負ける可能性の高い勝負を再度挑んだのか?   純資産35億程度で、最終損28億のプライムを合併したら、更に残された時間が少なくなるのではないか?  入れ物だけ欲しいのは痛いほどわかるが、余りにもリスクが大きくないか?  福証Qボード エムビーエスを否認されたばかりで、はるかに基準が厳しいJASDAQに挑むなんて…カミカゼか!  

あくまで一つの妄想ですが、仕手株を人工的に作り上げて、そこで利益を捻り出すためにこんな特攻作戦を考えた?   例えばケイマン諸島に、会社登記(無記名で可能)をし、香港・シンガポール等のTAX HEAVENにその子会社を作って海外から売買すれば、名前が全く表に出ることなく取引でき、利益を海外に残しておくことができます。  今年の春先(だったと思います)にinsider kinya氏が誰かさんが、アメリカにペントハウスを購入したという、なぜそんな話まで知ってるの?という書き込みをしていたと思います。  既に避難先は確保してるのか?

これが全くの杞憂であればいいのですが…。  もしそんなだったら、株主達は余りにも哀れです。  素人の妄想であることを祈ります。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...