金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2009年10月29日

ジパング燃ゆ 8(またもや同じ手を!)

しびれを切らして野村金ETFを再購入したとたん、下落…。  

まあ、先物ではないのでほっとけばまた自然に買値を上回って行くからいいですけどね…(それ自体の信用問題の方が心配です)


今日は、久しぶりのシリーズ “ジパング燃ゆ” です。

ジパング株上げてますね。 何かあると思ったら、また裏口上場を狙うようです。  窮状は察しますが、あまりにも安易な気がします。  貧すれば鈍するか…。  

通常の上場では、BPSと大幅な赤字であることをを考えると1株800円程度にしか評価されないので、もはやこの手しかないのでしょう。  800円でもいいから正々堂々と上場すればいいのにと思いますが、どうなんでしょう?

これでまた否認されれば、またもやお金の無駄遣いですね(もう、完全に撤退してるから冷静に見られます)。

以前に金鉱株掲示板の書き込みでもありましたが、当初のジパングモデル(金が上昇する前に、割安な金鉱株若しくは金鉱山を買収して時代の波に乗って上場!)はもはや完全に崩壊しています。

金鉱株が大幅に上昇してしまった現在、もはやたったの数億程度集めたとしてももはや手遅れでしょう。  それに金のボタ山のような掘るほどに赤字が積み上がる鉱山からの出血が止まりません。 毎回の決算でも数億円の出血が認められています。

老獪なDavid Russelにうまくやられましたね。  

時間との勝負になってきたと思ってます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。