金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2009年09月04日

お願い

アクセスカウンターに偶然ポインターが当たってびっくりした。
  
今まで1日に1000アクセスを超えたことがなかったのに、今日会社から戻ってブログを開いたら1175アクセス!  何があったんでしょうか? ご存じの方がいらっしゃたら教えてください。  

誰かが私のブログを紹介してくれたんでしょうか?

何度もこのブログで書いてますが、このブログは私のその時々においての金等についての考え方を記録するために書き始めたものです。  今までの私の失敗話も書いてあります。 なので、もし事実に反することがあれば、ぜひ教えてください。

そしてジパングをはじめ金や金鉱株について極秘情報を与えてくれる方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。  その際は私もできるかぎり有益な情報(不動産でもいいですよ)を提供したいと思います。

特に今話題のジパングについては、皆さんに公開できることで、しっかりとした情報を提供できれば、世間に知れ渡るようになったとき(良かれ悪しかれ)に、メディアに提供できるくらいの内容にしていきたいとも思っています。

ジパング株をはじめ金鉱株で成功した話、失敗した話なんかも書き込んでいただければ幸いです。


posted by kanji at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

ジパング燃ゆ 6(すごい変動)

ジパング株がここ数日、すごい上下動を繰り返している。

PPT(plunge protection team)が発動しているのか?

だとすれば、絶好の売り時でしょう。

オリジナルポイントを割ってしまい、このままでは次の公募時の資金手当ての見込みが無くなることに青くなっているのでしょう。  心中察しますが、いつまで続くのか?  中央銀行じゃないんだから限度があると思います。 

先日、面白い書き込みがありました。  世界最高品位鉱脈?を発見したので、鉱石を掘り出して売っていけば資金手当てができる−これはもう素人騙しの考えで、例え世界最高品位鉱脈を発見したとしても、実際に掘り出すまでどのくらいかかるかわかってるの?  書き込んだ人が一番分かっていると思いますが、採掘許可が出るまで何年かかり、運搬道路等のインフラの整備に何年かかり、そして精錬まで何年かかるの? その間に資金ショートして終わりでしょう。 このままではもって1〜2年程度ではないか?

Apollo Gold やその他の金鉱株の売却益だけでしのげるのか? やはり新規に資金調達もしないと間に合わないと思います。 

いずれにせよジパング株に近づくことはもはやありませんので、静観を続けるだけです。  ここから盛り返したら大したもんです。  私には想像もつきませんが。

2009年09月02日

ジパング燃ゆ 5(最終防衛ライン崩壊)

今日は書くつもりではありませんでしたが、あまりの下落に一言添えます。

本日、ついに10年前の一番初めに公募した20,000円という数字を割り込んでしまいました(4分割してますので、現在の株価に直すと5,000円になります)。

これは大変なことです。  テクニカル分析に詳しい人でなくても理解可能だと思いますが、10年間もの長きに渡る期間を経て、オリジナルポイントを割り込んだということは…。

松藤氏も著作や講演会で何度も話しているので、この“オリジナルポイント”という言葉は聞いたことがあると思います。 

『全てのバブルはオリジナルポイントに戻る!』

この言葉が意味するところは、これまでの株価形成が既にバブルだったということ。  そして今回特に重要なのは、そのオリジナルポイントさえ割り込んでしまったということ。  良く考えてみましょう。 これらのことは一体何を意味するのか。  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。