金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2009年08月31日

ジパング燃ゆ 3(残された時間は?)

この数日、ジパング株関連の掲示板が大変なことになっていますね。

批判・非難・罵倒の嵐で、応援の書き込みは代表者本人やその関係者らしき人のみ。  中には、友人や家庭を失くしたという書き込みもあって、悲しい気持ちにさせられます。

それに真偽の程はわかりませんが、増田さんが幸福の科学の信者なんてことも。  普通、宗教でてきたらかなりヤバイでしょう。

先日、松藤氏と増田氏の対談本を立ち読みしました(私は月20,000円程経済書を購入してるので、普通の本であれば1時間もかからないうちに全部読み切れます)。

改めて良くわかったのが、本人は全く気づいていないということ。 

特に苦笑したのは、時価総額経営のむなしさを語っていている一方、金が暴投したら金山会社を株式で買収したいなんて書いていること。 それに自分のことしか考えていないとアメリカの経営者を批判しているが、自分も全く同じことをやっているのにその自覚が全くないこと

そして金が暴投したら、ジパング株が30兆円になったらなんてことを2度ほど語りかけるも、増田さんはスルーしてコメントなし。  増田さんも良くわかってるんでしょう。

どこまで存続できるか?  本人が一番わかっていると思いますが、そろそろ限界が見えつつあります。

一縷の望みは、金暴騰がすぐそこまで迫ってるので、また本を出したり講演会を開いたりして、何も知らない素人さん達からお金を、例の

「1株で家一軒買える!」

でだまして引っ張ってくるしかないでしょう。 間に合えばの話ですが、生き残れる可能性もまだあると思います。  ただ、舞台裏から熱演している本人を見れば、褌一丁で本当は何もないのがわかってしまいまけど。

上半期でも予想以上のペースで赤字が積み上がっています。 もはや過去に高値で売ったジパング株の創業者益がどこまでもつか?   一生懸命PKOをやっているようですが、どこまで続くか?

金掲示板で、売却完了の報告をしましたので、気がかりもなくなりました。
もう掲示板に書き込むことはないでしょう。

あとはただ、静観していこうと思ってます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。