金銀投資作戦参謀本部T・U

2009年07月06日

金鉱株 “JIPANGU”

金鉱株について書いていこうか…と、このブログに書き込みをしてから数日、どうしても気が重くてなかなか書く気になれませんでした。 

私が最初に購入した金鉱株は“ジパング”。 まずは、この株について書いていきましょうか…。 でもね、非常に気が重いです…。 自ら恥を晒すのは。 私は、この株を一番最初に購入したが故に、次の大上昇(これまでで一番の上昇を記録するはず)で全株売り払い、以降このセクターから完全撤退しようと思っています。  

以前にも書きましたが、私と同じ人ははっきり言って、

「向いていません。 本質的に。 センスがないから大損する前に去った方がいいです。」 

このことは非常に大事なので、自らの戒めのためにもちゃんと記録に残しておきます。 

私は、本業の不動産のビジネスでは、数々の超優良ベンチャー企業(今では誰もがその存在を知っている勝ち組有名企業もあります)を、同僚が全く気付かないうちに飛び込み営業に行き、見事多数の契約を取ってきた実績があります(社内では、成長企業を見分けられる鼻の効く営業として一目置かれているんですけど…手前味噌ですが。 本当ですよ。)

ジパングは…近年稀に見る失態です。


閑話さておき、私を使ってくださった顧客企業様には、ただ感謝、感謝です。

脱線します。 ですから、なおさらM社長には腹が立って仕方ありません。 普通、会社というのは実績もあまりない走り始めの時に応援してくれる人は、本当に本当にありがたいのです。 彼は商売というのを全くわかっていません。 やはり実業家ではなく“投機家”なんでしょう。 “ソロモン”というユダヤ臭がプンプンの、というかユダヤそのものの会社で実績を上げてきたその手法が、もう時代遅れになっていることに彼は気づいているのでしょうか? 


前置きが長くなりました…。 ついついこのウルトラ・ベア・ストック(オプション)について書く時は冷静になれません。 

日本の代表的金鉱株、”住友金属鉱山”と比較した、先週時点の時価総額比較です。
住友金属鉱山と比較するのもおこがましいですが…

          発行済み株式総数  売買単位    時価総額       BPS
住友金属鉱山  581,628,031株    1000株   807,300百万円   913.92円
ジパング       4,425,679株       1株     33,193百万円   797.26円

発行済み株式総数 131倍 
時価総額        24倍
BPS          1.1倍

時価総額が24倍でBPSが1.1倍ですから、現時点でどんなにジパングが割高かはっきりとわかってしまいます。  世界一の金含有量のある菱刈鉱山と、掘れば掘るほど赤字を出している(買収前の計算では現在の金価格だと余裕で黒字のはずなのに…)鉱山では本来比較にもなりません。

つづく…
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...